( 'ω'o[本文]o

はい、風邪をひいているのにコートを着る日の見極めを間違えて更に悪化しそうなDAFUです。
今回は、最近Diffの上がったモナコインをどうやったら効率良く掘れるかを検証します。
使ったソフト、プールは以下の通りです。

ソフト

  • CCMINER 2.2(こちらの方法でアップデート)
  • Nicehash miner legacy 1.8.1.1


プール

…あれ?nicehash?BTCで掘ってモナコイン掘りの記事書くの?ばかなの?死ぬの?と散々に心の中で私を罵った画面の前の君。そう君だよ!
よろしい続けなさいちゃんとモナコインに後で変換するからね?問題は無い(`・ω・´)
もちろん今回その方法についてもちゃんと触れますのでご安心を(*'▽')
ではでは早速今回使った環境説明いってみよー

採掘環境
CPU:Intel Celeron G3930
RAM:DDR4-2133 16GB
HDD:250GB
GPU:GTX780(GDDR5 3GB)
PSU:750w 80+Bronze
弱い。GTX780とか1050tiとどっこいの性能で250w食うのはずるい。
てなわけでもちろん赤字です…orz(大体掘る量の4倍の赤字)
結果は見えてる(物理的に)と思うけど、行ってみよー

 

結果発表

まずはvippoolからですが、大体0.1MONA/day(約30円)でした。
ただ、最近ハッシュレートが非常に不安定なため、日によって多少変動があるものと思われます。

次にNicehashです。
こちらはそもそも採掘している通貨の種類が違うため、日本円を基準とします。
その結果は、約60円/dayでした。

結果としては、vippool<Nicehash という感じになりました。
(賢明なる読者諸君には予想がついていたかもしれませんが^^;
 

BTC→MONA両替(取引所不要)

ただ、そこで気になるのがBTCをMONAに変換する方法です。今回はZaifやBitflyerといった取引所を使わずに変換します。(私が取引所に口座を持ってないだけでもあります)

やり方は簡単です。Monappyを使うのです。
この画像は私のマイページです。

ここに"Pay with Altcoins"というボタンがあります。
そこを通すとBitcoinやEthereumをMONAに両替して受け取ることが出来ます。
なんかちょっとずるい気もしますがMonappyに直接入金出来るのは便利です。
(ただし、最大振り込み額が設定されていたりアドレスが発行毎に変わるのでNicehashの払い出し先にしてNicehashマルチプール化するんじゃぁ~みたいなことはできません)

なんか肩透かしをくらったような顔をしている読者もいそうですがそこは取引所を介さない簡単両替が今回のメインだったってことで、ね?

じゃあの~('ω')ノシ
( 'ω'o[本文終わり]o

DAFU_MNPY

 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット